ホーム > 日々の事など > 丹沢湖マラソンを自作の草履で走る

丹沢湖マラソンを自作の草履で走る

ロッテルダムでマラソンを走って以来15年ぶりに、ハーフマラソンだけど、地元神奈川の大会に出走しました。
丹沢湖マラソンといって第37回目を迎えた歴史ある大会なんですね。

RIMG1379
目標タイム2時間を切ることは出来なかったけど、丁度1キロ6分ペースで、これが今の実力だと思います。
私としては歩くことなく走りきれたので満足しております。
RIMG1382
足回りは、タビソックス+自作の草履・・・何か、和風です。
RIMG1380
自作草履の材料は・・・

・ビブラム・チェリーシート (#8365)
・靴紐 (130mm)
・100均で売ってる足指保護サック (かかとの固定に使用)

一足当たり千円ぐらいかな・・・激安です!
こんなペランペランな草履で本当にハーフマラソンを走れるのか若干不安だったけど、全然大丈夫でした。
RIMG1383
鼻緒の部分は布ガムテで補強しています。
また、サイドの部分は靴ひもがむき出しですが、ここでは着地しないので補強無しで大丈夫です。
RIMG1381

練習中もレース後もひざの痛みは無く快調です!

以前の投稿 「ルナサンダル!」で書いたけど、昨年末の肉離れからのリハビリで始めたサンダルラン、ルナサンダルも良いのだけど1万円もするけっこう高価なものなので、安直に自作してみたらこれが良かった!
ネット上ではもっと複雑な製造工程や紐の結び方などが公開されていますが、ロードを走るのであればこれで十分。
ルナサンダルと比べてもペランペランだけど、むしろ靴底は薄ければ薄いほど良いと感じています。

草履ランは、楽しいよ~

shinokawa-office.com

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://shinokawa-office.com/weblog/archives/3657/trackback
トラックバックの送信元リスト
丹沢湖マラソンを自作の草履で走る - とりとめのないブログ ・・・ より

ホーム > 日々の事など > 丹沢湖マラソンを自作の草履で走る

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る