ホーム > 日々の事など > 白馬岳と山上の湯めぐり

白馬岳と山上の湯めぐり

夏休み・・・天気も良いし、どこか行きたいな~と思っても子供たちは部活などで忙しく、それならば!と、靴とテントを新調し、昔の趣味である山登りに出かけることにしました。

【初日】
自宅を朝出発し、松本駅であずさ号を乗り継ぎ、白馬駅へと向かいます。
2016-08-12 001
2016-08-12 002
白馬駅からはバスで猿倉へ、昼過ぎには歩き始めることが出来ました。
2016-08-12 003
小日向のコルまでは約2時間、えらく汗かきました~
2016-08-12 004
鑓温泉までのトラバース道が見えます。
2016-08-12 005
だんだんと山らしくなってきて・・・
2016-08-12 006
鑓温泉のテント場に到着!
しかし平らなスペースはすべて埋まっており、仕方なく小屋泊りとしました。
せっかくテント買ったのに~
2016-08-12 007
ヘリコプターで人を運んだりしてました。
2016-08-12 009
学生時代に一度来たことのある鑓温泉の露天風呂、最高です!
今回初めて内湯にも入りましたが、泉質が露天風呂とは異なるのか、硫黄のにおいが温泉を感じさせ、また木組みの湯殿も湯治場風で最高でした!
2016-08-12 008
【2日目】
小屋の周りはガスがかかっておりましたが、稜線の向こうには青空が広がっています。
2016-08-13 001
少し登ると視界が開けてきます。
2016-08-13 002
小屋からは高く見えたピークもそして雲海も見下ろすまで登ってきました。
2016-08-13 003
主稜線に立つと鑓ヶ岳の白くザレた山肌が目の前にそびえ立ちます。
2016-08-13 004
鑓ヶ岳の山頂から、ようやく白馬岳を望むことが出来ました。
2016-08-13 005
振り返れば五竜や鹿島槍など後立山のやまなみが・・・良い天気で気分も最高です!
2016-08-13 006
杓子岳の登りでは、コマクサがお出迎え (^^♪
2016-08-13 008
杓子岳の山頂から、白馬岳が美しく望めます。
2016-08-13 009
越えてきた鑓ヶ岳と杓子岳を振り返る。けっこうマッシブな山容です。
2016-08-13 010
白馬山荘が要塞のようにそびえ立ち、何か巡礼の道のようです。
2016-08-13 011
白馬岳の山頂から、午後になりガスが出てきました。
2016-08-13 012
新潟県の最高峰、小蓮華岳。山頂には鉄剣が突き刺さっています。
2016-08-13 013
2日目の行動時間は約9時間。
久しぶりの本格的な山歩き・縦走だったので、えらくバテました。。。
【3日目】
白馬大池の朝。
2016-08-14 001
今日はのんびり下るだけです。
2016-08-14 002
雪倉岳、いかにも山スキー向けの山容ですね。
2016-08-14 003
そしてたどり着きました蓮華温泉、黄金の湯。これまたけっこうな湯加減でございました~
2016-08-14 004
続きましては仙気の湯。蓮華温泉の露天風呂のなかでは一番広く湯量も豊富。
水でぬるめて入ることも出来ますが、この水がまたとっても美味でございました~~
2016-08-14 005
そして薬師の湯。こちらは湯量が少し減ってきてしまっていると湯守の方が言っておりました。
2016-08-14 006
温泉入ってビール飲んでバスに揺られて平岩の駅へ。昔と変わらぬ風情ある駅前です。
2016-08-14 007

shinokawa-office.com

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://shinokawa-office.com/weblog/archives/3803/trackback
トラックバックの送信元リスト
白馬岳と山上の湯めぐり - とりとめのないブログ ・・・ より

ホーム > 日々の事など > 白馬岳と山上の湯めぐり

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る