ホーム

とりとめのないブログ ・・・

美容院の 「面貸し」

消費税の増税に伴い、論点としてさらに重要度を増しているのが給与と外注の区分だと思います。

納税者としてはその支払をなるべく外注費として課税仕入れの対象としたいところですが、税務調査により給与と認定されると、課税仕入れの取り消しならびに源泉所得税の追加徴収が行われる ・・・・ これはかなり痛い結果です。

最近、法人が塾講師または家庭教師に支払っている金額が外注費ではなく給与であるとした判決が出て、参考になります。
タビスランド判例速報 2014/02/25

個人的に相談を受けた事例として、美容院における 「面貸し」 といった勤務形態があります。
「面貸し」 により外注費として税務申告するためには一定の要件をクリアしなければなりませんが、美容院の経営はどこも苦しいので、消費税の節税は死活問題です。
合法的な消費税の節税を図るために 「面貸し」 の考え方を活用するのはアリだと思います。

shinokawa-office.com

「原価計算基準」 批判

昨年からずぅ~と悩んでいて未だによく分からないのは、製造業におけるたな卸資産 (仕掛品および製品) の問題。

そのきっかけは、稲盛和夫さんの 「実学 経営と会計」 を読んではっとさせられたこと。

アメーバ経営において、原価計算による原価管理を行わない ・・・ (なぜならば) 原価計算で出てくる仕掛品や完成品の価値とは、それをつくるために費やされた費用の総計にすぎず、それを購入して使う客先にとっての価値ではない。 (したがって) 支出した製造費用から原価計算によって評価される仕掛品価値を差し引いて製造原価を計算するようなことはしない (のであり、その代わりに) 売価に着目して売価還元原価法にもとづき仕掛品や製品を評価することにしたのである。

会計上は、製造業について 「原価計算基準」 に基づいた原価計算を行うのが長年の常識であり、稲盛さんのアメーバ経営はこうした常識に真っ向から楯突いているようなものです。

「原価計算基準」 は昭和37年に制定されて半世紀以上も経っているのに未だに一度も改訂されず、会計士試験や簿記検定試験の拠り所になっている誠に権威ある考え方です。それゆえ、「基準」 で定められた以外の方法をよしとするのであれば、会計人のはしくれとして、その根拠を示す努力はしなければならないと思う。
続きを読む

SkyDrive とか Outlook.com とか

さる人と会話して、パソコン環境の改善意欲が猛然とわいてきた今日この頃です。

それで、今までこっそり気になっていたマイクロソフトのクラウドサービス SkyDrive や Outlook.com というウェッブメールの様子を見てみることにしました。

これは ・・・・ かなり使えそうですね!

SkyDrive のようなクラウドサービスをマイクロソフトが行うと、エクセルやワードとの連携といった具体的なメリットがはっきりと見えてくるので、積極的に使ってみたいと思わせるものがあります。

また、Outlook.com もインターフェイスがごくシンプルで、好感が持てます。広告が表示されるといっても、実際はマイクロソフトの説明みたいなものなので、目障りというほどのものではなく、ほとんど気にならないレベルです。

マイクロソフトや windows 8.1 について、良く言う人にはあまり会ったことが無いけど、結構いい仕事をしているんじゃないかと思ったのでした。

shinokawa-office.com

invictus インビクタス

ネルソン・マンデラが死んだというニュースで、この映画のことを思い出した。
クリント・イーストウッドの “invictus”

インビクタス

続きを読む

消費税増税に係る経過措置

先日、「消費税転嫁対策特別措置法」 について話す機会がありました。

この法律については、ガイドラインなども踏まえつつなるべく分かりやすくお話をさせていただいたつもりなのですが、元々の消費税法について、特にその経過措置のうち 「リース取引」 や 「資産の賃貸借契約」 について充分に理解していなかったこと、反省しております。。。

そこで、これらについて調べた内容をまとめてみることとしました。

続きを読む

グレン・グールド・プレイズ・バッハ

ピアノを習っている娘のために買ってきたものだけど、私がはまっております。

これはスゴイ演奏ですね~

グレン・グールド・プレイズ・バッハ

続きを読む

研修を終えて

認定支援機関向け経営改善・事業再生についての6日間の研修が終了した。

基礎編を10月に2日間、実践力向上編は9月に2日間、そして個別分野コースは11月に2日間ということで結構時間は使いました。まぁ、同じような内容の繰り返しといえばそうなんだけど、逆に言えば、何度か繰り返すことによって理解が深まったような気はします。

個人的には、個別分野コースのうち 「経営改善等計画策定演習」 が実践的でもっとも役に立ったような気がします。

ここ2年ほど、毎年1月の記事 (2012年1月 2013年1月) で、 経営改善や事業再生についてのスキルを伸ばしてゆきたいと念願しておりましたが、ようやく実務で使えるレベルまで仕上がってきたのかなと思います。

おかげさまで、今年に入って3社ほどの経営改善・事業再生に関与させていただいております。大変な仕事だな~とは思いますが、やり甲斐と責任感を感じながら取り組める仕事だと感じています。

これはもう天職みたいなものだと心得て、頑張りたいと思います!

shinokawa-office.com

貿易収支など

前にも 「原発反対!・・・?」 という記事でちょこっと書いたんだけど、原発の再稼働や脱原発について考えるとき、石油資源輸入国としての日本の立場をどうしても考えてしまう。

東日本大震災による原発の停止後、日本の貿易赤字は拡大の一途をたどっていることが気になるのである。

貿易収支の推移

このままでは日本は赤字国に転落してしまうのだろうか? そうであればやはり原発再稼働を推し進めるべきなのだろうか?

しかし、減少を続けてきた経常黒字がようやく上昇に転じてきたというのが良いニュースだ。

経常収支の推移

これだけの貿易赤字を抱えつつ経常黒字であるということは、それだけ所得収支 (海外投資による利子や配当収入等) が黒字だということで、これはすごいことだと思う。

このことはつまり、脱原発を推進できる体力が日本についてきたということじゃないか?

(グラフは時事ドットコムから借用しました)

shinokawa-office.com

カフカ 「万里の長城」

ジョージへ

卒論を送ってくれてどうもありがとう。長年の約束を守ってくれてとても嬉しかったです。また、内容も興味深いもので、久しぶりに知的好奇心が刺激されました。それで久しぶりにカフカに関する本を何冊か買って読んでみたんだけど、どうも今の私の興味は、カフカという作家をハプスブルク帝国の歴史の中で読み解くことにあるようです。そういった意味で、君の解釈とは随分と異なるわけだけど、同じ作品を読んでこんな風に感じる人もいるんだ~と思っていただけたら幸いです。
続きを読む

工業簿記の問題 その2

先の記事 「工業簿記の問題」 で触れた問題について、最近出版された本でも触れられていたので紹介します。

この本の中に、「いつまでも仕掛中の製造指図書の存在」 というコラムがあり、問題点が指摘されています。
少し長いですが引用させていただきます。
続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 17

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る